« 「システムトレーダー養成プロジェクト」裁量判断による”自動売買システムのコントロール法”を伝授・ブログによる5つのカリキュラム・自動売買システム【RSI-EA】導入キット・7大特典付き | トップページ | 「5日間オプション買い建て投資術」 »

2017年4月 5日 (水)

水平線のみで波の止まりを的確に予測する「LogicalFX」

LogicalFX


LogicalFXの内容をご覧頂きたいと思います。
この教材では、相場の本質である「波の動き」を分析し、具体的且つ理論的に波の動きを予測出来るようになるよう、
解説しています。そのため、インジケーター無しで、「シンプルに水平線のみ」で、勝ち続ける事が出来るようになります。
教材の構成はどんな人でも論理的に理解出来るよう、この教材は、テキストと動画の2本立てになっています。
基本理論はテキストを中心に解説をしていきますが、
特に掴み辛かったり、分かりにくいであろう箇所は、更に動画による解説を付け加えています。
また、相場の環境分析は元より、エントリーからエグジットまでの実際の取引を公開した
「実践トレード動画」も収録しています。
これを見る事で、どんなに難しい相場でも、勝ち続けられるという事を体感する事ができるでしょう。
具体的な内容は、以下になります。
第1章 テクニカル分析はダウ理論がすべて。ダウ理論を徹底的にマスターする
この章では、相場の基本である「ダウ理論」を学びます。
理論を学べばトレードが上手くなるとは限りませんが、
波の動きを予測するのに「ダウ理論」がベースになっており、
「ダウ理論」で使われる言葉は、この教材の共通用語としてチャート分析等に頻繁に出てきます。
ですので、この章は非常に大切です。
なぜダウ理論なのか?
ダウ理論の6つの基本法則とは?
【ダウ理論基本法則①】平均はすべての事象を織り込む
【ダウ理論基本法則②】トレンドには3種類ある
【ダウ理論基本法則③】主要トレンドは3段階からなる
【ダウ理論基本法則④】平均は相互に確認されなければならない
【ダウ理論基本法則⑤】トレンドは出来高でも確認されなければならない
【ダウ理論基本法則⑥】トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する
第2章 波を描く
実際に、チャート上に「波のラインと水平線(=レジサポ)」を描きます。
この作業はチャート分析をする上で必須の作業なので、これが出来ないと何も分析出来ません。
しかし、心配する必要はありません。誰にでも出来るように、分かり易くテキストと動画で解説をしています。
この作業を通して、あなたは本当に重要な水平線のみを、驚く程見やすい形で描けるようになるでしょう。
波のルール(基準) *動画解説付き
水平線を引いてみる(レジサポの引き方) *動画解説付き



レジサポの注意点
トレンドの見分け方
他の時間足の波を重ねてみる *動画解説付き
第3章 波の意味を考える
この章では、「意味のある波」を解説します。
「意味のある波」とは、「レジサポを抜ける波か、そうでないかの違い」です。
もし事前に、「レジサポを抜けやすい波と止まりやすい波」を見分けることが出来たら、
トレード上、騙しを回避する事が出来ますので、あなたは大きな武器を手にした事になります。
この章だけでも、格段に、あなたのチャート分析力は上達します。
意味のある波とは *動画解説付き
抜けやすいレジサポ、抜けにくい(止まりやすい)レジサポとは?
第4章 相場背景を読み取る
「相場は多数決の原理で成り立っている」以上、相場に勝ち続けるためには、
多数派と同じ目線で相場背景を分析する必要があります。
しかも、大口の投資家達と同じ目線でなければなりません。
この章では、相場背景を彼らと同じ目線で読み取り、実際にどうトレードしていけば良いのかを学びます。
トレンドを組み合わせて背景を読み取る *動画解説付き
トレンドを組み合わせて背景を読み取る(実践編)
第5章 エントリー、利食い、損切りについて
この章では、「エントリー方法」、「利食い」、「損切り」について学びます。
例えば、エントリー方法では、「押し目買い、戻り売り」を基本としていますが、
あなたはどこで波が止まるか予測できますでしょうか?
もし、それが予測出来たら、ピンポイントで押しや戻りでエントリー出来ると思いませんか?
この章では、そういった事を習得する事は基より、エントリーする前に、
「どこで利食いし、どこで損切りするか」、といったトレード設計図の作成方法を学びます。
また、「ブレークアウトのエントリー」も学びます。
押しのレベルを判別する方法(深い押しの波と浅い押しの波の見分け方) *動画解説付き
トレードの前提条件とは?
押し目買い、戻り売りの優位性
エントリー方法
利確について
損切りについて
第6章 チャートパターンについて
「ダブルトップやダブルボトム」等のチャートパターンは、ある一定の環境下でなければ有効ではありません。
逆に言えば、それ以外で出現したダ「ダブルトップやダブルボトム」等のチャートパターンは、
全て騙しになります。
この章では、そういった騙しを分析し、
トレーダーとして「確実にチャートパターンを利益に変える」にはどうしたら良いのか、等を学びます。
第7章 テクニカルツールは有効なのか?
あなたはチャート上に、いくつテクニカルツールを表示させているでしょうか?
それはあなたのトレードに、ちゃんと優位性を与えてくれているのでしょうか?
この章では、テクニカルツールの優位性を探ります。
この章を読む事で、あなたのチャート上にあるテクニカルツールを、全て捨てる事になるかもしれません。
第8章 トレンドラインでのトレードは、実は危険
相場は多数決の原理で成り立っている」以上、大多数の人に意識されなければ優位性がなくなります。
その観点から考えると、そもそもトレンドラインは大多数の人に意識されているのでしょうか?
また、大多数の人に意識されているなら、なぜトレンドラインは人によって引き方が違うのでしょうか?
そもそもトレンドラインの正しい引き方を、あなたは知っていますか?
また、トレーダーとして、あなたはトレンドラインの何を意識するのでしょうか?
価格ですか、それとも範囲ですか?
この章では、トレンドラインでトレードする事の危険性を説明します。
第9章 実践トレード集 *動画解説付き
この章では、実際のトレード動画をお見せします。
今まで学んできた内容を元に、
「どのように環境分析をし、どこでエントリーし、どこで利食いするのか」を見る事が出来ます。
また、殆ど動きのない相場でも、しっかりとしたチャート分析が出来れば、
獲得PIPSは少ないものの、きちんと利益を上げられる事が分かると思います。
動画は23本です。
全てのエッセンスを網羅していますので、見るのにも時間が掛かる大量の動画は必要ありません。
「水平線のみで勝ち続けられる事実」を「実感」して下さい。


>>>>水平線のみで波の止まりを的確に予測する「LogicalFX」





« 「システムトレーダー養成プロジェクト」裁量判断による”自動売買システムのコントロール法”を伝授・ブログによる5つのカリキュラム・自動売買システム【RSI-EA】導入キット・7大特典付き | トップページ | 「5日間オプション買い建て投資術」 »

株・FXで稼ぐ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

おすすめ人気サイト